おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

「明日死ぬって思って毎日を生きろ」的なこという人いるけど、あれってどういう意味なのかおりなりに考えた。


スポンサーリンク

タイトルにもある言葉ですけど

「余命一年て言われたときにしたいことをしなさい」的なこと言う人割といますよね。

 

かの有名なスティーブジョブズもこんな感じのこと言ってますしね。

 

 If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.

スティーブ・ジョブズの英語の名言・格言集。英文と和訳 | 癒しツアー | Page: 2

 

日本語に訳したら、「毎日を最後の日だと思って生きれば、いつか必ず君は正解にたどり着く」とかそういうニュアンスなんだとおもいますけど

 

何となくおりはこの毎日を最後の日だと思うっていう考えには違和感がありました。

 

だってその日を最後の日って思うのって滅茶苦茶短期目線過ぎないですか?

 

もし、明日ほんとに死ぬんなら働く人なんてほぼほぼいないですよね。

 

そりゃもしおりが毎日をほんとに最後の日だと思って生きたなら、多分働かないで毎日自分にとって大切な人に会ってると思います。

 

まあそれでも毎日リンゴの木を植えます。って人もいるのかもしれないですけど結構まれなんじゃないかなって思います。

 

それにほんとにほんとに毎日が人生最後の日だっておもってたら、毎日追い詰められて頭おかしくなりそうな気がします笑

 

 

だから、おりは毎回こういう系の言葉に出会った時に、何が言いたいのかなこの人って思うことが多かったのですが、最近になってだいぶ意味が分かるようになった気がします。

 

 

f:id:o_1i:20180813235819j:plain

 

 

多分、こういう系の言葉って比喩表現なんですよね

 

ホントのニュアンスってきっと

 

人生は有限だってことに早く気付け!!

 

てことなんだろうとおもってます。

 

自分の日常をみてると強く実感します。

 

おりの日常は地方都市にいることもあってどちらかといえば代わり映えのしない日常だとおもってます。

 

確かに時たま変わったこともありますが、基本的には毎日が繰り返しな感はあります。

おそらくこういう日常を送っていると

毎日、毎日永遠にゆるゆるとした日常が続くんだろうなって思ってしまうんだろうって思います。

 

時間が縦ではなく横に流れているかのように錯覚してしまいそうになるし多分多くの人はそう思ってると思います。

 

でも、実際は違うんですよね。

しかも不幸なことって大概は突然やってくるから、永遠に続く日常なんてほんともろいもんだし

 

一瞬で、全部ひっくり返されうるわけで、ほんとはしあわせな日常が永遠に続く保証なんて、どこにもないです。

 

そのことを頭に入れながら毎日を生きろよ!っていう意味なんだろうなっておりは思ってます。(言い換えると、メメントモリ的な意味なんだと思ってます。)

 

 

実際、成功者は成功する前に死を感じるような場面に出くわすことが多いみたいです。

 

そういう"死"を実感している人は日常を何となく生きたりなんかしないわけで

 

自分がしたいように、他人の人生を生きないように、そして、死以外の不安なんかそんなに気にしなくなるんだろうなって思ってます。

 

 

くだらないしがらみなんかどうでもよくなるんでしょうね、だって死に比べたらそんなしがらみたいしたものなんかじゃないのだから。

 

もう残りのお金が少ないなら無駄遣いを減らしたいって思いますよね?

それの時間版を早く意識して、毎日勤勉に生きなさいってことをジョブズ言いたかったんだろうなって勝手に解釈してます。

 

そういうわけなんで、おりも「毎日が有限の人生のうちの一部なんだ」っていう意識をもって勤勉に生きていこうと思います。

 

それでは