おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

ハロウィンを合法コスプレパーティーにしようって思いついた人絶対頭いいよね【ハロウィンがどうしてここまで流行ったのかの理由についての考察】


スポンサーリンク

 

今週のお題「ハロウィン」

 

 

ハロウィンっていつの間にか日本で浸透しましたよね。

多分こんなにハロウィンが盛んになったのてここ五年ぐらいの話なんじゃないでしょうか

 

でまあ、今日は、ハロウィンについて折原がおもうことをかいていきたいておもってます。

 

それは

 

ハロウィンを合法コスプレ大会にしようって考えた人頭いいなって

 

てことです。

 

f:id:o_1i:20181027114427j:plain

 

 

ハロウィンが今まではやらなかった原因の折原なりの考察

ハロウィンって多分結構前から大人たちが流行らせようとしてたんだろうとは何となく感じてました。

多分、流行らせて毎年の恒例のコンテンツ化させてしまえばそれによって消費が増えて商業的にプラスだから、というのが主な理由なんだと思います。

クリスマスもそうですけど、基本的に日本ではこの手のイベントは宗教色はかなり薄いですしね。

 

でも、初めはそこまで浸透してはいなかったし、確実に今ほどではなかったと思います。

確かに、時間をかけて徐々に浸透していった側面もあるんだろうとは思うのですが、個人的には、どうしてここまでハロウィンが浸透したかの原因の一つには

 

対象年齢がこどもから大人にかわった。

 

いいかえるなら

 

コスプレする人が、子供から若い女の子に変わったことが割と真面目に原因なのではって思ってます。

 

割と真面目にそう思います笑

 

まあようはイベントの主体や目的が変わったんだろうなってことです。

 

初めはハロウィンって子供がカボチャでランタン作ったり、トリックオアトリート!っていいながらお菓子をもらったりするのが主だったイベントだったと思います。

 

それにコスプレもどっちかっていうと仮装っていう意味合いが強かったように思います。

 

小さい子が仮装して近所を練り歩くイベントってまあ確かに楽しいイベントだとは思います。

でも、これだけじゃやっぱり対象年齢のストライクゾーンが狭すぎてなかなか浸透しきらないでしょう。

実際に関係あるのってこどもがいる家庭だけになっちゃいますし。

せいぜい、幼稚園から中学校まででの学校行事になるのが関の山でしょう。

 

お金の匂いがしないとイベントも流行らない

じゃあ逆に流行るイベントってなんなのか?て聞かれたら、それは

 

お金になりそうなイベント

 

だと折原はおもっています。

この資本主義上等な世の中ではやっぱりお金の匂いがしないとなかなか流行るところまで社会を動かすっていうのは難しいでしょう。

 

だからハロウィンを流行らせるためには子供向けのイベントからまずは大人向けにかえる必要があります。

 

じゃあどうやって大人向けのイベントにかえるのか?

そのために必要だったのがコスプレだったってわけです。

つまり、文化祭みたいなかんじで気軽にコスプレできる日、ってなったら話は変わってくるってわけです笑

 

これなら対象年齢はもっと上がります。

実際、コスプレしたくても社会人になったらなかなかそういう機会ってないですしね。

そういう意味での需要も満たすこともできるわけです。

 

 

あと、若い女の子が対象になるっていうのもイベントが流行るかどうかの大切な要素の一つだと思います。

なぜなら、それによってお金の匂いもしてくるからです笑

 

若い女の子の元へはもてたい男が集まります。

そして、男はモテるためならお金を使います笑

 

お金が稼げるかもしれないってなれば大人が本気でイベントを盛り上げようとするので

より盛り上がりやすくなるっていう構図です。

 

つまり、商業的な成功という面から考えても若い女の子に流行らせるというのはとても大切な要素なのだと思います。

 

 

実際日本のハロウィンって欧米みたいなきつめのコスプレではないですよね。

がっつり白塗りのガイコツとかゾンビなんてそんなに見かけないし

大多数はかわいめのコスプレをする女の子なわけですしね。

 

ハロウィンは基本的に恐ろしいというかホラー系の仮装が欧米だと多いです。

折原もカナダにいた時の友人にハロウィンの時の写真を見せてもらったりしましたがやっぱ基本的には、ガチの骸骨(白塗り)とか幽霊ゾンビ的な過激な感じの人が多かったです。

 

でも、そんな過激だったら日本では受けにくいですよね笑

そういう意味でも緩いコスプレでもOKてなったのもある意味必然だったように思います。

 

結論を言えば

 

コスプレしたいけどする機会がない、ていう女の子向けのイベントとして、そしてそんな女の子にお近づきになりたい男向けのイベントとして、今後もハロウィンは浸透していくんだろうなって思います。

 

そしてそれに付随したお金を集める方法も今後進化していき、それに伴って日本のハロウィンは、クリスマスやバレンタインのように日本独自の進化を今後も遂げていくのではないのでしょうか

 

 

 

 

いかがでしたか

というわけで今回はハロウィンの話題について話してみました。

 

折原にも早くコスプレしてくれるようなかわいい彼女がほしいものですね

 

別にハロウィンに駅でわちゃわちゃしてるような集団の一員になりたいとは思えませんがそれでも、家でコスプレ姿を披露してくれる可愛い彼女は欲しくてたまりません・・・

 

あ、あとこの話題もうちょっとひっぱります。

 

次はハロウィンの次に日本で定着しそうなイベントを独断と偏見で折原が予想してみようと思います。

 

それでは