おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

ハロウィンの次に日本で流行る海外の行事って何なんだろうっていう考察


スポンサーリンク

 はいというわけで、前回どうしてハロウィンがこんなに浸透したのか考察してみたわけですけど、今度は前回の話を発展させて、次に日本で流行りそうなイベントって何名なのかなってことを独断と偏見で考察していきたと思います。

 

 

www.oli-log.com

 

前回の記事は↑からどうぞ! 

 

 

f:id:o_1i:20181027134003j:plain

流行るイベントに必要な要素

前回の記事でもちらっと話をしましたが、結局流行るイベントの条件ってこんなところなのかもしれないなって思ってます。

 

・消費を増やせるなど、商業的に価値がある。(お金の匂いがする。)

・若い女性に関係したイベント

・今あるイベントと時期や内容などで競合しない

 

今後日本でなにかイベントを流行らせようと思った時には最低でもこの3つはみたさないとだめなのかもなて思ってます。

 

例を挙げるならクリスマスもバレンタインも結局これに当てはまりますよね。

若い女性に関係していてお金の匂いがするイベントです笑

 

まず、大前提なのはお金が稼げるか、だとおもいます。

資本主義の今の日本ではこれは切っても切れない条件でしょう。

 

そして、この前提の上に他の条件2つが乗っかってるイメージです。

 

若い女性に関係する、ていうのは結局女の子の仲で流行るものっていうのはモテたいがために男も連動して釣れるっていうのが大きな理由です。

モテるためなら男はお金を払うので、結局商業的にも成功しやすいってわけです。

 

逆に言えば若い女の子の周りには人もお金も寄ってきやすいのかもしれませんね。

 

だから、まわりまわって商業的にも成功しやすいがために次に流行らせようとしているイベントも若い女の子をターゲットにするのではないのかなって折原は思ったりします。

 

 

で、まあ最後の条件である、時期や内容なんですけど

これは純粋にライバルを避けるっていう意味合いの条件です。

 

イベントごとって一度定着しちゃうとなかなか後からほかのイベントで塗り替えるっていうのは一気にはできないとおもいます。

だから、今の段階で強い競合がいないような時期や内容のイベントが流行るのではないかなって思ってます。

 

 

次に流行るイベントって何だろう

 

 まず、海外のイベントといいましたが多分、次に流行るイベントも海外の中でも欧米のイベントが輸入される形になるのではないかなって思ってます。

 

若い女の子の好みってなるとやっぱりどこかおしゃれな感じのイベントでないとだめだろうし

また、今の段階でそれなりに親しみがあるような文化のイベントって考えると

ハロウィンとかクリスマスみたいにやっぱり欧米のイベントの輸入が自然でしょう。

 

次に時期なんですけども

いまんとこ、でかいイベントって言えるのは

お花見、ゴールデンウィーク、母の日、夏遊び関係(夏祭り、花火等)、お盆、シルバーウイーク、紅葉、ハロウィン、クリスマス、元旦、節分、バレンタイン、ホワイトデー

 

これぐらいなのではないでしょうか?

 

て考えるとでかいイベントがない季節は春~初夏ごろそれから晩秋かなって思います。

 

月で言えば4、6,7、11月あたりがまだイベント面としては弱い月なのかもなって思ったりします

 

7月は七夕がありますけどそんなに大規模なイベントって感じでもないですし。

十分まだ入り込める余地はありそうな気はします。

 

あと、4月なんですけども

4月は年度初めなので、なかなかみんな忙しいだろうしイベントをする月としては不向きな気がします

 

あと、6月は梅雨なんでなかなか行楽関係との相性は悪いです。

外に出れないってなるとどうしても消費も落ち込みがちだし、イベントを盛り上げる費用対効果も薄れそうです。

 

て考えると7,11月あたりが手薄な感はありますね。

 

梅雨~夏本番までの7月上旬やハロウィンからクリスマスまでの間が今のところ何もない11月あたりがねらい目ですね。

 

て考えると、7,11月あたりにある欧米のイベントが今後輸入されそうだなって思ったりしてます。

 

で、まあ色々調べてみたんですけども6、7月は欧米に有力なお祭りが探したのですが残念ながら見つかりませんでした。

 

7月はアメリカの独立記念日やフランス革命記念日があるみたいですけど、そんなもの日本で祝っても仕方ないですしね笑

 

そうなるとまず考えられるのは、11月の感謝祭だとおもいます。

 

欧米ではこの日に親しい友人とパーティーをするのが普通らしいんで、女子会なんかにかこつけて売り出すとかありそうかもなって思ったりします。

感謝祭って名前もどことなく割引キャンペーンと相性よさそうな響きありますし笑

飲食店が感謝祭って名前でキャンペーンを打つなんて可能性も考えられます。

居酒屋が感謝祭割引!とか数年たったら当たり前のように言ってるかもしれないですね笑

 

あとは、恋人がいない人向けのパーティをしてクリスマスに間に合わせる日なんて位置づけになるかもしれないですね笑

クリスマスもかなり日本では意味合いが変わっていますしそれに連動したイベントとして日本にやってくるかもな、なんて思ったりもします。

しかもこのやり方なら、条件にあった若い女性も巻き込めますしね。

 

そしてもう一つ感謝祭がはやるかもっていう理由があって

それはこの感謝祭を流行らせればもしクリスマスの前哨戦であるブラックフライデーもついてくるってことです。

 

ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia

 

これは商業的には売り込みができるチャンスが増えることをいみするので流行らせる価値があると判断される可能性も高いのではないでしょうか?

 

 

実際イオンとか最近はブラックフライデーとかいってキャンペーンしてますしね。

 

nomad-saving.com

 

 

ブラックフライデーを流行らせるために連動して感謝祭も、なんていう考えが今後生まれてくるかもしれません。

 

 

 

いかがでしたか

というわけで今日は今後日本で流行りそうなイベントについて予想してみました。

これでもしも感謝祭がほんとに一般化したらおりも見る目ありますね笑

そのときにはまた記事にしてドヤりたいと思います笑

 

それでは