おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

けいおん!の男主夢小説を書いていた大学1、2年生の頃の話 part1


スポンサーリンク

はい、というわけで今日は黒歴史をさらしていく回ですね。

 

折原はプロフィールのページにもちょろっと書いているんですけども、大学1,2年生の頃ボッチ過ぎて特に一緒に遊んでくれる友達もいなかったので家で、当時ドはまりしていたけいおん!の夢小説を書いていました。

 

今日はそんなころの話をして

夢小説を書いてよかったなって思ったことを話せたらなって思います。

 

f:id:o_1i:20181028235618j:plain

 

 

そもそも夢小説ってなに?

まずはそもそも夢小説ってものが何か知らない健全な方のほうが大半でしょうから夢小説の説明からしていきたいと思います。

 

dream-novel.jp

 

↑のサイトにも書いてますけど、夢小説ってのは小説に出てくるキャラの名前を自分の好きな名前に変換して読むことのできる小説のことを指します。

 

例えば、好きな小説の主人公の名前を自分の名前に換えることで、あたかも自分がその物語に入りこめているように錯覚できるわけです。

 

夢小説にドはまりした大学1年生

前述した通り折原はどうしようもない糞ボッチだったので大学から帰ってもすることがありませんでした。

一応仮面浪人という形で勉強していた時期もありましたが、時間を持て余すことのほうが多い日々を送っていたわけです(そんなだから志望校にも受からないんだろうなって今からだと思うんですけどね笑)

 

www.oli-log.com

 

文系だったので大学そのものもたいして授業もなかったんで、大学入ってしばらくしたら家に帰ってから日がな一日中夢小説を読むみたいな日もあったりしました。

 

自分の名前を入力すれば、あたかも自分がその物語に参加しているかのような感覚になれるのが好きで、お気に入りの作者さんを見つけたときには毎日のようにアクセスして

夢小説を読んで、今は亡き「拍手」をぱちぱちして感想を送ったりしてました。

 

その感想に返しがあったりするとなおさらうれしかったのを覚えています。

 

当時(高校時代)のおりはけいおん!と「とある」の夢小説にはまっていたのを覚えています。

 

「とある」は特にアニメもちゃんと見たことなくて、youtubeでMADを見たりwikiをよんだりする程度の知識しかなかったんですけど、当時は垣根帝督ってキャラにはまってました。

 

多分、折原ぐらいの年代なら知ってるひとも多いはずです。

 

dic.pixiv.net

 

自分もレベル5になって自由に生きればいいのになんてよく思ったものです。(中二病だね、っていわれたら否定できないです)

てかなんなら今でもたまにそんなことを思ったりします。

多分今も根は中二病のままなんですよね。

 

 

けいおん!の夢小説にドはまりして理想を追い始める

もう一つドはまりしていたのがけいおん!の夢小説でした。

 

dic.pixiv.net

 

このアニメは大概の人が名前は知っているのではないでしょうか。

折原もご多分に漏れず、アニメから入ってドはまりしていました。

周りにはアニオタだと思われたくなかったので、アニメの話なんかしていませんでしたが(いわゆる、隠れオタクってやつだったと思います。)

それでも、家ではもう直球に男主人公がけいおんメンバーとハーレムな学園生活を過ごすっていう夢小説を読み漁ってました。

 

このころから相変わらずきもいです。

 

でもけいおん!の世界の中でたった一人の男子部員としてハーレムのなかで生きるとかほんと理想すぎる~なんてマジで思いながら色んなサイトを放浪していました。

 

お気に入りのサイトがあればブックマークして拍手して、コメントをおくって、キリバン踏んだらリクエストしたりして

みたいなことをしてましたね

 

まあ、今はこんな文化ほとんど絶滅しましたがわかる人にはわかってもらえると思います。

 

キリ番ふんで自分の好きなシチュエーションで好きなサイトの管理人にけいおん!の短編を書いてもらうとかもう天にも昇るぐらいうれしかったですもんね笑

 

今思うときもいですねほんと

 

そんなこんなでぼちぼち夢小説にはまってたおりでしたが

やっぱり、夢小説って名前は自由に変えれるけど、それでも主人公の行動までは変えれないですよね

 

当たり前ですが結局はその作者の嗜好で物語はきまっちゃうわけで

段々と夢小説を読んでるうちに、自分の理想とは主人公がうごかないなーって思うことが増えてきて

もし俺が主人公ならこんな風に行動するのになっていう違和感がちょっとづつ増えていきました。

 

あとやっぱり作者は一般の方なんでそもそも完結することのほうが珍しいんですよね笑

 

めっちゃ好きだったサイトがある日突然更新されなくなる悲しみはそれはもうしばらく立ち直れないレベルですよね。

 

しかもこのころは仮面浪人を失敗したときと時期的にも重なっていたので、心はもう荒み切り、割と本気でどっか失踪でもしてやろうかなぐらいまで考えていたころでした。

別に大学がたのしいわけでもないし、割と妄想して過ごすことも多かったので。

 

それで結局最後には、これはもう自分の理想の夢小説をつくってそれを読むしかないって思いました。

それなら自分の思い通りにキャラも動かせますしね。

 

そう思い立ったおりはほぼ初めて自分でサイト運営をはじめることにしました。

 

自分の手でけいおん!の男主のハーレム系の夢小説を書くことに決めたのです。

 

 

長いので続きます・・・

 

www.oli-log.com

 

 

もしもご質問・ご相談あれば、TwitterのDMまで送ってくださいね!

ブログの更新情報や、ブログネタにもならないようなこまごましたネタを垂れ流してるんでツイッターのフォローもお願いします!