おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

人を操る禁断の文章術(メンタリストDaigo)を読んだので感想とかレビューします!


スポンサーリンク

 というわけで今回は、ブログを書いていく上で切っても切れない話題である。文章力向上の話題です。

 

 今回は人を操る禁断の文章術(メンタリストDaigo)を読んだので簡単な要約と感想を書いていきたいと思います。

 

折原自身もっともっと魅力的で人を惹きつける文章を書きたいなってブログ運営していくうえで常日頃から思っているのでこの本は本当に参考になりました。

 

 

 

 

 

簡単にレビューすると?

一言で書くと「文章を何のために書くのか、それは読み手を行動させるために書くのだ」ということです。

 

自分の言いたいことを伝えるために文章を書くのではなく

相手の気持ちの寄り添って、相手をこう動かしたい!ていうのを決めた文章を書くことこそが大切なんだというようなテーマでした。

 

 

そして相手の気持ちを動かすためのたくさん技術も教えてもらえるような本になってます

 

 

こんな人にオススメ

 

・営業職など人の興味を惹きつけたい人

・人を惹きつける魅力的な文章を書きたい人

・文章を使ったコミュニケーションで人間関係を兼轄に回したい人

 

 

要約

 

本の内容を要約して簡単に整理していきたいと思います。

まだ読んだことがない人も、これから手に入れて読もうかなて人や一度読んだけど内容を振り返りたいなんて人は参考になると思います。以下目次です

 

まえがき
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)
第2章 「書かない」3原則で人を操る
第3章 人を動かす7つのトリガーで、何を書けばいいかもう悩まない
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

 

 章ごとに解説していきます。

 

第一章

第一章では何のために文章を書くということの前提についての話でした。

 

要するに文章は自分が伝えたいことを書くものではなく行動させたいことを行動させるために書くものです。

読んだ相手の心を動かし、想像してもらうために書くということが文章を書くうえでは非常に重要なテーマになっています。

 

そしてその目的を果たすためには

  • どういう行動をとってほしいのか先に自分で整理
  • 誰が読むのかという確認と分析

 

という二つの要素が非常に大切になってきます。

 

 

第二章

第二章では、では具体的にどうすれば人を動かせる文章を書けるのか、そのコツを3つの「ない」で説明されています。以下です。

 

 

1書きすぎない

あえて情報量を少なくしたりぼかすことでで読み手の想像力を利用する

文章に込めるのは1つのメッセージにする

 

2綺麗な文書を書こうとしない

感情を揺さぶる文書は当たり障りのない文書やきれいで無機質な文章ではない

読み手の感情と想像力を刺激することが大切

 

 

3自分が書きたいことをかかない

人を動かすのは理屈ではなく感情

自分が伝えたいことを書くのではなく マインドリーディングをして相手が読みたい内容を書くことを書くことが大切

 

第三章

感情を揺さぶる文章を書くことの大切さはわかりましたが

じゃあ具体的にどんなときに人は感情を揺さぶるのでしょうか?

 

人の心を揺さぶるためのトリガーについて書かれているのが三章です

これは大きく分けて七つあるとDaigoさんは言われています。 

 

興味

ストレートに相手が興味のあることを書けば相手も自分に興味をもってくれます。当たり前ちゃ当たり前ですけどね。

そのためには相手の過去やSNSなどから相手の関心のあることを知ることが大切です

 

本音と建前

理想と現実のギャップを刺激するということです。

例えば、仕事場では厳しい姿を見せないといけませんが本音では家でぐうたら寝てたい、みたいなそういうギャップを刺激するということです。

ここで大切なのは本音を見抜くことだけでなく建前も理解しているとアピールすること

「ほんとはこんな建前なことしたくないのわかりますよ」という内容の文章が一言でも挟まれることで説得力が急速に増します。

 

 

悩み

人の悩みは基本的に以下の四つしかありません。

・健康・美容

・夢・将来・キャリア

・人間関係・結婚・恋人・会社

・お金

 

これに読者の世代を掛け合わせることでその人の悩みを把握することが大まかに可能になるわけです。

例えば、四〇代のお金なら、子供の教育費の話題が受けそうだな、みたいな感じです

 

あとはその悩みを刺激すればいいという寸法です。

 

損得

人は基本的に得することより損することを嫌う生き物です。

なので、このままでは損をしますよ言う呼びかけは人を動かすうえで非常に有効です。

 

また、デメリットというものは必ずしも悪いものとは限りません。

メリットとデメリットどちらも提示して説明する、特に先にデメリットを説明することで、読み手へ誠実な印象を与え、信頼を得ることができます。

 

みんな一緒

これは一つ目の興味ともかぶっているところもありますが

 

読み手が一緒になりたいという憧れのカテゴリーを探す

または所属しているカテゴリーに訴求するメッセージを出す

 

というやり方です。

例えば、憧れの有名人が愛用しているものなら欲しくなる、というような現象がこれに当たるでしょう。

格付けチェックでYoshikiが食べているお菓子が売り切れる的現象です。

 

 

認められたい

所謂承認欲求や権威への欲求です。

これを刺激するには

相手の影響力が自分にとって大きいのだというニュアンスの言葉を使うことが大切です。

例えば

「貴方が初めてです」とか

「貴方のおかげで変わりました」なんかがそれにあたります。

 

貴方だけの 

特別感と希少性が感情に訴えかけやすいというのはよくわかりますよね。

(あなた専用とか期間限定とかそういう言葉に人は弱いものです。)

制限されると人はそのものが欲しくなる生き物なのです。

 

 

第4章

感情を揺さぶる文章を書くことの大切さやどういうときに感情が揺さぶられるのかということは理解しました。

 

じゃあ具体的にどんな技を使えばより感情を揺さぶる文章を書くことができるのか

いよいよそのためのテクニックについて書かれているのが第四章になります。

 この本では五つのテクニックが紹介されていました。

 

テクニック

 

書き出しはポジティブに

第一印象は言うまでもなくかなり大切です。なので最初は元気のいい感じを出していったほうがいいです。

お疲れ様ですだけを文頭に使う必要はありませんから

 

「ありがとうございます!」で文章を始めたり相手の名前を呼ぶというのも有効な手段になります。

 

何度も繰り返す

同じ言葉を使ってしまうと相手に飽きられてしまうので、注意が必要ですが

同じ「意味」と「感情」を何度も繰り返すことで説得力をあげることができます

 

 

話しかけるように書く

相手を動かす言葉というのは綺麗で無機質な言葉よりも心のこもった文章だから

読み手の疑問や反応を予想して書くことも大切

 

また会話するように書くことによって相手の反応が取り込まれた文章になり説得力を増すことができる

 

上げて下げてまた上げる

メリハリのない文章というのはどうしても頭に入ってきにくいです。

なので、いいところ(上げる)、不都合なこと(下げる)、最後にいいところ(上げる)という文章構成にすることで感情に起伏を与え、ドラマが見えるようになります。 

 

 

追伸をつける

 未完結の情報を提示することで人の頭の中に自分を長く残すことができます。

なので、例えば追伸で「今度会うときにお土産を渡します」というような文章を書くことで、より長く相手の頭の中に自分を残すことができます。

 

また、感情の交流を行う場としても追伸は有効です。

メール本文では書けない感情に訴えるような言葉も追伸のなかでなら書くことが可能だからです。

 

なのでここに自分の願望や相手に行動させたいことを書くというのは非常に有効な手段になります。 

 

感想

 

まず、この本についていいなておもったのは、章末にその章の内容のまとめが書かれているということです。

此処だけ読むだけでも、自分で本の内容を整理しなくて一目で整理された情報を見つけることができます。

 

また、ご自身で書かれている通り難しい言葉を使っいないのに内容がすごい分かりやすいというのもさすがというか読みやすくて理解しやすくていいなーと思いました。 

 

あと一貫して感情を揺さぶるような文書を書くことを意識することの大切さを知れたと思います。

折原の文章は自分で言うのもあれですけどそこまで感情が沸き上がるような文章ではないかもしれないのでこのあたりはほんと参考にしないといけないと思います。

 

 もっと相手に熱を与えるような文章が書けるといいなーって思います。

 

 今回はおおよその内容を自分の理解の整理を兼ねて要約してみましたが

知識を持っているだけとそれを実際に使えるというのは雲泥の差があります。

おそらくこの要約記事を呼んでも、人を動かすような文章をすぐに書けるようにはならないと思います。

抽象的な知識しか持ってないと具体的に行動に移すのって難しいし、何度も繰り返さないと身にもつかないです

 

 

なので、此処では内容を簡単に紹介しましたが

やはり、本当に自分のものにして使いたいのなら手元に本を置いてすべて目を通して実践することが絶対に必要だと思います。

 

 

 ということで、Daigoさんのことはテレビでたまに見かけるちょっと胡散臭い人なのかなて思うときもあったんですけど完全に見方が変わりました。

 

与沢翼はツイッターみたらすごい賢い人でビビった的な発見でした。

 

ということで、文章で人を動かしたいて考えている人には全員におすすめできるいい本だと思います。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか

もしもご質問・ご相談あれば、TwitterのDMまで送ってくださいね!

ブログの更新情報や、ブログネタにもならないようなこまごましたネタを垂れ流してるんでツイッターのフォローもお願いします!

 

twitter.com