おりろぐ

基本的に仮想通貨についての話題が主です。たまに好きな音楽の話とか

【nothing, nowhere.とは】nothing, nowhere.について調べてみた!【おいたち、経歴、信条、 名前の由来】


スポンサーリンク

ということで今回は、折原がもうドはまりしているエモラッパーであるnothing,nowhere.についてまとめていきたいと思います!

 

まじで、天才だと思うし、エモが好きな人はぜひ聞いてもらいたいです!

個人的には「エモい」て言葉使ったことある人はみんな聴くべきってレベルです!

 

 

twitter.com

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ja-jp.facebook.com

 

Nothing,Nowhere - Wikipedia

 

 

生い立ちとかプロフィールとか 

 

本名はJoe Mulherinという名前だそうで、1992年の6月4日生まれだそうです。

こんなかっこいい曲たくさん書けるのに地味に折原と同い年なんではじめ知ったときビビりました。

 

マサチューセッツ州のフォックスボロという都市の出身のようです。NFといいlil peepといいなんとなくこの手のアーティストはアメリカの北東部出身が多いイメージあります。現在はバーモント州を拠点に活動中。

寒いところのほうがこういうエモい曲は生まれやすいんでしょうか

12歳のころいとこからアコースティックギターを借りたところから音楽に触れ、 

 

2015年から、nothing nowhere名義でsoundcloud上で曲を投稿し始めその年の6月に初めてLPを出しています。↓のリンクから聞けますけど、この段階でかなり才能を感じますね

 

nothingnowhere.bandcamp.com

 

その後、Bummer、Who Are Youという曲もリリースしています。

 

nothingnowhere.bandcamp.com

 

nothingnowhere.bandcamp.com

 

これ以外にもシングルカットでたくさんの曲を出していて有名どころだと↓の曲があります。

 

 nothing,nowhere. - deadbeat valentine

www.youtube.com

 

 

nothing,nowhere. - twenty something

www.youtube.com

 

 

そして2017年にはレーベルに所属してからのデビューアルバムであるReaperをリリースします。

 

 

 

そして今年に入り、最新アルバムであるRuinerをあのFueled by Ramenからリリースしました。

 

 

 

Fueled by Ramenていえばワーナー系のレーベルで、ONE OK ROCKやPanic! at the Disco、Fall Out Boyなんかが所属する超有名レーベルですよね。

 

 

www.fueledbyramen.com

 

てなわけで、今後さらに有名になることを個人的にも期待してます。

 

 

 名前の由来

 nothing nowhereの名前の由来は哲学者であるAlan Wattsの考え方から来ているとのこと

Alan Watts - Wikipedia

 

自分は何者なのか、そしてどこへ向かおうとしているのかを考えた結果「nothing, nowhere.」という名前を思いついたそうです。

 

earth-quote.org

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

 

信条

彼は vegan straight edgeという生き方を14歳から続けており、アルコールもたばこや体に悪い薬なんかは一切摂取していません。また完全菜食でもあるので肉も食べないみたいです。

 

ストレート・エッジ - Wikipedia

www.onestowatch.com

 

 

また、nothing, nowhere.というアーティストとしては

blending some heavier hip hop elements with more organic instruments

(ヒップホップの重たい要素と、有機的な楽器との組み合わせ) 

というコンセプトがあるようです。

 

archive.ph

 

 

魅力

此処からは折原が個人的に思う、nothing, nowhere.の魅力を話したいと思います。

 

やはりこのアーティストの一番の魅力は

綺麗で落ち着いたメロディーとそのエモい曲調、にあると思います。

 

勿論、スクリームやグロウルで激しく自分の感情をぶつけてくるような曲も大好きではありますが、こういうしっとりと聴かせるメロディは昔のエモバンドを思い出させるようでぐっときます。

 

 

それこそtaking back sunday やarmor for sleepにラップ要素も足したみたいな感じで

 

今自分がもしも、中学~高校生だったとしたら絶対にnothing, nowhere.にはドはまりしていただろうなって思います。

 

 

 

 

もしもご質問・ご相談あれば、TwitterのDMまで送ってくださいね!

和訳のリクエストも受け付けてます。(必ずお応えできるとは限りません。)

ブログの更新情報や、ブログネタにもならないようなこまごましたネタを垂れ流してるんでツイッターのフォローもお願いします!

 

twitter.com